ワサビと醤油、その基本とは?《心斎橋》創作和食が楽しめるお店【家和らぎ】

 

大阪心斎橋にある隠れ家的な雰囲気で
手造りの創作和食が楽しめるお店【家和らぎ】です。

 

こんにちは、

 

もうあなたの部署では歓送迎会は終わりましたか?
関西から出て行く人、関西に始めて来る人など

 

色々な出会いと別れがあると思いますが、
どちらにせよ、宴会へ行くと関西だろうが、関東だろうが

 

刺身には必ず付いて来るのが「ワサビ」ですよね。
今日は、新社会人の方もいると思いますので、
ワサビの「小ネタ」をご紹介します。

 

会社の宴会などで「ドヤ顔」してくださいね。

 

そのうえで、あなたはワサビはお醤油に溶かす派?
それとも別皿派でしょうか?

 

「ワサビ醤油」をかけたマグロとご飯を一緒に
食べるのはとても美味しいですよね。

 

でも和食には、洋食と同じように「マナー」が存在
します。とはいえ、美味しいのが一番なのですが、、。

 

もし将来、仕事や公式の場で和食を食べるときは
思い出してもらえればと思います。

 

多くの方は、醤油にわさびを溶かし「わさび醤油」で
刺身を食べているのではないでしょうか?

 

和食では、「混ぜる」ことはマナー違反となります。
「ワサビの風味」が消えてしまうからです。

 

では、どうすればいいのか?

 

ワサビを小皿に自分の分を取ったら、必要な分だけ
お刺身に乗せます。そして2つに折ってから

 

醤油に「ちょんちょん」と付けて食べると、
「ワサビ」と「醤油」そして「お刺身」のそれぞれを
味わう事ができますので、

 

もし今まで「ワサビ醤油」にしてお刺身を食べていたなら
美味しくなりますので試してみてくださいね。

 

心斎橋から歩いて5分で美味しい御食事と一緒に
珍しいお酒も楽しめるお店【家和らぎ】では、

 

ちょっと贅沢な料理をリーズナブルに味わえるお店
として、手づくりの創作和食が楽しめます。

 

心斎橋周辺では「隠れ家的」な場所にあるので、
大切な人や同僚などちょっと大人の雰囲気で酔いたい
ときは寄ってみてください。

 

あなたのご希望の範囲内で「お造り」やお酒の「あて」を
精一杯、真心を込めてお料理をご提供いたします。

 

あなたのご来店をお待ちしております。
本日も最後までありがとうございます。